卒業生インタビュー Vol.1 「当たり前?」

POST-DATE:2017年4月1日

nomaki

みなさんこんにちは。学生課の野巻です。
「入学式に桜はセット」これって当たり前のように感じますが、日本以外の多くの先進国では9月が年度の始まりです。当たり前のようで当たり前ではないことって実はたくさんあります。

今日は卒業生の中島舞さんにインタビューします。中島さんは2012年度に千葉デを卒業し、今年社会人5年目を迎えました。クリエイティブ業界全体では短いスパンでステップアップを繰り返すことが多いと言われていますが、千葉デの卒業生は新卒で入社した会社で長年頑張っていると話をよく聞きます。腰を据えて同じ場所で長く働くことって当たり前のようで中々むずかしいことです。


b4
中島 舞 6期生 グラフィックデザイナー クリエイティブ・ディレクター
———————————————————————————-——————————

-忙しいところ時間とってもらってありがとう。どうですか仕事は。
楽しいですよ。もちろん仕事なので、辛い時もたくさんありますけどね(笑)

-いまはどんなことやってるの?
会社は紙媒体の広告からWeb、タウン情報紙の出版などやってます。私自身は新聞の折り込みチラシ、ホームセンターやドラッグストアのチラシを作ってます。

-流通関係だと、ギリギリまで商品の価格が出てこないなんてこともあるんじゃない?
ありますね。例えば、スケジュール通りに下版を印刷所へ18:00までに送らないといけないので、16:00までに校了もらえませんか?ってスケジューリングしていたんですけど、先方からは「まだ値段が確定できない。もう少し待ってほしい。」っていうことが締め切り時間ギリギリでいただくことがあります。その後の修正データが膨大な時は(えー!またこれ変えるの!?)とか心の中で思いながら時間と闘います(笑)

-締め切りは決まってるのに作業時間はどんどん削られていくっていうジレンマは痺れる瞬間だよね!
バイヤーさんがメーカーさんと交渉して「よっしゃこれでいくか!」となって、初めて私たちデザイナーに仕事が回ってくるから、どうしても遅れることが多いです。ただ、それをやりきった時の達成感は厳しい状況であればあるほど大きく返ってきますね(笑)

-社会人になって大切にしていることは何かある?
何でもやらせてくださいって気持ちです。苦手なこととかあるんですけど、私は人より経験が少ないので、何でもやって経験を積まないとダメだなって思っています。

-最初は本当に大変そうだったね。
忙しいのに何度も相談に行ってしまってすみません。。入社した時は先輩のデザイナーさんに本当に色々教えてもらっていましたね。分からないことがあればすぐに飛んで行ってました(笑)先輩から「中島少し待ってくれないか」なんてよく言われてました(笑)でも、そういうことを毎日続けていたら、プロジェクトのチームリーダーをやらせてもらえるようになりました。

-チームリーダーってことはディレクションもやってるの?
はい。通常業務にプラスして、新サービスのPRテーマを決めて、レイアウトを作って提案したり、全体の制作進行管理、後輩のマネジメントなど仕事量がグンと増えたので最初は大変でした。でも、自分の作った作品が世に出回るとやっぱり嬉しいし、自分の出来ることがどんどん増える・ステップアップしていけることがとても楽しく感じています。

-人に教えるってすごく難しいことだと思うけどどう?
後輩をどうやって育てていくか、どのように動いてもらおうかというのは常に悩んでいます。最初は指示をしても出来ない、出来ていない、分かっていないっていうことはよくありました。なんで出来ないんだろうって自分の中で考えたんですけど、答えはでませんでした。それならば、自分もそうだったように何でも聞けるような相談しやすい環境を作ろうと、自分から雑談を含めて積極的にコミュニケーションをとるようにしました。後輩からプロジェクトが無事終わった時に「中島さんが色々と教えてくれたお陰でなんとかついていくことができました。ありがとうございました。」って言ってくれたんです。私が教えるの下手で全然うまく伝えられなかっただけなのに、、、そう言ってもらえて嬉しかったです。間違ってなかったなーって思いました。

b3

-ところで、中島さんがデザインやろうと思ったキッカケって振り返るとなんだったの?
小学校の時から図画工作の授業で水彩絵の具やクレヨンを使って絵を描くことがすごい好きでした。ある時、先生がニワトリの絵を描く時はこうやって描くんだよって丁寧に教えてくれて、その時に校内で銀賞をとったんです。それがすごく嬉しくて、興味をもったのがキッカケだったと思います。

-千葉デに入学した理由は?
東京の学校も検討していたんですけど、パンフレットとかOCをみてここにしようって決めました。あとは高校の友達で千葉デに行くっていう子がいて、その子と一緒だったから安心できた所もありました。

-今の会社にはどうやって就職したの?
就職課の先生に何社か求人を紹介してもらって、説明会、書類選考、集団面接と受けていくなかで、複数の会社から内定をもらいました。その中で自分に合った仕事はこれだって選んだのが今の会社です。

-就活で大事だなと思ったことはなにかあった?
やっぱり面接が大事だと思いました。私はすごく緊張しやすくて、コミュニケーションも上手くないので第一希望の会社を受けるまでに、他の会社の面接に何度か挑戦していました。ポートフォリオの見せ方などとても勉強になりました。

b5

-初めて自分が携わったものが世の中に出た時どう思った?
本当に初めての時は仕事に追われて、いつの間にか出来てたって感じでした。製品を作っているというより、解けないパズルをやっている感じでした。作っている実感はなかったです。

-チームで動いているとコミュニケーションがとても大事なことに気付くと思うけど、何か工夫していることはある?
話は少しずれるんですけど、私は高校まですごく暗い性格をしていました。多汗症、アガリ症、ネガティブ(笑)。人と話す時に目を見て話せなかったり、とにかく会話をすることが苦手でした。でも、高校1年の終わり頃からアルバイトを始めて、社会に出て働きだしたことで変わったと思います。出来ないことが出来るようになることはすごく楽しいことなんだなって思えるようになって、コミュニケーションをとることに苦手意識を持たなくなりました。本当はやりたいけど出来ない、、っていう辛さは私が一番分かっていると思っています。なので、テクニックみたいなことは特に何もしていないですけど、そういう意識は常に持っています。

b2

-5年後、10年後についてどう考えてる?
5年経っても10年経ってもクリエイターはまだまだひよっこだと思ってます。会社のおじいちゃんデザイナーさんも「わしもまだまだ勉強しなきゃのぅ」とよく言ってます(笑)でも、色んなこと色んな人のデザインに関わっていくことでひよっこでもマシなひよっこにはなれるとは思っています。自分の力を伸ばせるだけ伸ばしていけるような人生を送りたいです。

-最後に読者の方へ何かメッセージはありますか。
高校生の皆さんも新社会人の皆さんも色んな人と関わってください。挨拶でもいいし、少しお話するくらいでもいいと思います。会話をしてください。相手に自分を知ってもらうには行動しないと始まりません。当たり前を当たり前と思わず、自分から行動してみてください。やらなかった後悔だけはしないでください。

-ありがとうございました!しんどい時はいつでも相談しにきてね!!千葉デの先生は卒業生みんなの味方です!

最新ブログ記事

2017年09月19日(火)
千葉の魅力発信①『そごう千葉店』
2017年09月11日(月)
「ヒラメキ★キラメキ★オドロキの秋」
2017年09月08日(金)
最新就職活動情報!!
2017年09月04日(月)
活動開始!!
2017年08月29日(火)
2017年の夏休みはいかがでしたか。
2017年07月27日(木)
特別セミナー~活躍する卒業生~
2017年07月18日(火)
アートな旅。~2017夏東京編~
2017年07月14日(金)
もうすぐ夏休み!!
2017年07月10日(月)
welcome party@千葉デ!
2017年06月28日(水)
絵描き必見イラストメイキング!!

月別アーカイブ

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 平日学校見学
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 一人暮らし安心サポート

Page top