「俺」=「デザイン」

POST-DATE:2017年3月8日

nomaki
みなさんこんにちは。学生課の野巻です。
ありがたいことに千葉デのブログを読んでくれた方から感想をもらえるようになりました。「千葉デブログのヘビーユーザーです!」「○○○をブログでやったらどうですか?」という企画提案もいただいています。2年生は卒業制作展を終えて、残すは今週末の卒業式のみとなりました。今回は後輩の卒制を観にきてくれた卒業生が本校講師と在校生を交えて語る「デザインマジトーク座談会」の様子を一部紹介します。本校学生、新社会人、未来のクリエイター必見の内容です。


zentai

田中北斗:本校講師 グラフィックデザイナー、クリエイティブ・ディレクター(ブラック)
富谷 智:6期生 ㈱MdNコーポレーション エディトリアルデザイナー(ブルー)
山口菜緒:8期生 ㈱テイクシャイン グラフィックデザイナー(イエロー)
伊藤光輝:10期生 本校1年 クリエイター志望 特技/ラップ(レッド)     (敬称略)
———————————————————————————-

田中:じゃ、さっそくだけど、卒業してバリバリ活躍している先輩たちに聞いてみたいことある人!


shitsumon3

ー就職して1年目の時は残業とかどうでしたか?
富谷:僕は今の会社が3社目になります。1社目はやらせてもらえる仕事がいっぱいあったので残業は多かったです。でも、ノー残業デーとかもありましたよ。
田中:残業多いのに、ノー残業デーとか矛盾してる感じがあるけど笑
富谷:営業主体の会社で、デザイン会社というより、会社の中にデザイン部があるって感じでした。働きやすい環境づくりを進めていましたね。
山口:ウチの会社はフレックス制をとっていて、遅くまで残業した次の日とかはお昼過ぎに出社したりとか、夕方の15時ぐらいに仕事終わった日は、その後、お祭り行っちゃおとか、アフター5を楽しんじゃったりとか。でも、もちろん終わらなかったら20:00、21:00とかは普通にあるかな。
田中:普通の会社みたいに定時でって感覚とは違うよね。ちなみに「先輩はまだ仕事やってるけど帰りたいなー・・」って時はどうしてる?やっぱり帰る?
山口:帰ります。笑
富谷:今の会社は終わったら全然帰ります。一応先輩に何かやることはありますか?って聞いて、あればやるし、なければ帰ります。分担できる仕事であれば、みんなで協力して早く終わらせるってこともあります。
yamatomi2

山口:伊藤くんはリアルな事情を聞いてどう思った?
田中:フリースタイルで答えてみて笑
伊藤:すげー無茶振りですね笑 デザイナーとかって辞めちゃう人多いって聞くんですけど、辞める辞めないっていう判断をするのが早すぎると思うんですね。専門学校卒業しただけで、一人前に出来るっていうことはないと思います。最終的にデザインを辞めるのか続けるのか決めるのは「好き」なのか「嫌い」なのかっていうシンプルなものだと思っています。残業も「好き」だからこそ出来るって感じですか。
富谷:学生に結構ありがちなことを「ダイエット」で例えると、「痩せたい!」と思ってジムに入会するんですけど、ジムに入会しただけで満足してしまって、全然トレーニングしていないんですよ。だからいざ、体重計に乗っても痩せてないんですよね。ジムに行って運動してる気持ちにはなってるけど、実は全然走っていなくてって人が多い気がします。
田中:確かにそれはあるかもね。
富谷:僕の場合は学生時代からインターンの縁で、デザイン会社に半年くらいアルバイトしていたので暖機運転が出来ていたんだと思います。卒業して一気に滑走路をグーーッと行っちゃう人が多いのかもしれない。
田中:それと、夢も大きいしね。世に出て名をあげるぞ!ってね。
富谷:「デザイナー」っていう言葉。単純なカタカナ言葉ですけど、みんなを重くしている。
田中:会社側はそこまで求めてないかもしれないね。
富谷:そうですね。思ってるより、失敗しても大丈夫な環境ですよね。
田中:そうそう。意外と会社ってみんなにパーフェクトは求めてないです。
富谷:僕も後輩とかにそこまで求めないです。
hokuito3
田中:ただ、僕が自分の事務所に居たらイヤだなって思うのは他人に気を使えない子かな。別にペコペコしろって言ってる訳じゃなくて、自分の仕事終わったんですけど、他に何かやることありますか?って聞けるかってことね。あと、トミーが強いなって思うのは、先輩に対してユーモアを持って返せることだよね。
富谷:何かあんま怒られなくなりますよね。「オチャメ」でいると笑
田中:そう。オチャメって言葉が合うのかもしれない。オチャメだと会社ですごい可愛がられます。俺もそうやって来たんだけど、先輩がすごいつまらないギャグを言ったとして、それをそのまま「うあーしんど・・」って感じで居るんじゃなくて、なにかしらのユーモアをもって返してほしいんだよね。


shitsumon2

ー生々しい話になっちゃうんですが、ギャラについていかがですか。
山口:私は新卒1年目の新入社員でボーナスも出ないから、そういうのをトータルで考えると低いのかなって思う。でも、業界をみていると出来るようになればなるほど貰える額は上がっていくみたい。田中先生はどうでしたか?
田中:俺の1年目は、たぶん山口より大変だったと思うし正直きつかったよ。3年ぐらい経ってやっと回るようになったかな。アートディレクター2年目でチームを統括できるようになってグンと給料は上がったね。
富谷:僕が新卒で入った時は残業代は出たんですけど、固定残業制度でした。だから残業代が出てるって感覚はなかったかな。ただ、今は残業した分だけ貰えてますけどね笑
田中:それは頑張ってステップアップしてった結果であるし、だからこそ今は吉祥寺に一人暮らしできるようになった訳だしね。
富谷:僕、専門学校1年の時はめっちゃ遊んでましたからね笑
田中:トミー今、業界出て何年目?
富谷:3年目です。
田中:この3年間さ、入社したところで、ただ与えられた仕事をやってきただけじゃないでしょ?
富谷:そうですね。ディレクションとかもやってました。
田中:あとは、自分でちゃんと作品を上げてってるでしょ?
富谷:はい。
田中:学生のみんなは就職の為にポートフォリオを作っているんだけど、実はそれって一生続くのよ。例えば俺にもポートフォリオが皆と同じようにある。営業して自分で仕事をとってくるためとか、自分の作品をみせるためのものがね。でも、ポートフォリオ作りって会社に入るとやらなくなる人が多いんですよ。
富谷:転職する時は忙しかったので、4ヶ月ぐらい履歴書からポートフォリオ作りまで掛かりましたね。
hokuito2
田中:今の会社で3年修行して、4年目に転職しようと思ったら、3年間でどれだけ良い作品を作れるかってすごい大事になってくるのね。そして、何を作ったらいいか分からないって時は日々やってる自分の仕事を作品にしてみる。そしてそれの別案を自分で作ってみるっていうのがいい。それをとにかく貯めていくと転職する時にいっぱい貯金があるって状況になる。
富谷:これから学生のみなさんは就活していくと思うんですけど、会社選びのコツとして次に繋げられる作品を作れる会社に入るのはすごいオススメですね。あと、自分の好きなものだったり、デザインだったりをやっている会社のほうが後に役立ちます。

田中:伊藤くんはどう思う?
伊藤:僕は就職の為にポートフォリオを作ったことなんてないし、本当に自分が作りたいって思った作品をポートフォリオにしてる感じなんで、それを続けていけば最終的に自分のやりたいことが見えてくると思うし、そうしたいと思っています。
ito3
富谷:全然関係ないんだけど、伊藤くんのマイクの持ち方がラッパーみたいになってて、フリースタイルは根っからなんだなって笑
yamatomiegao
田中:伊藤くんは素晴らしいポートフォリオがあるらしいです。2年生にも全然負けてないって聞きました。僕はまだ見てないんですけどね。デザインは上も下も全然関係ないんですよ。バンバン下克上ですよ。嫉妬して、されてって、それでいいんですよ。
富谷:闘争心ある人伸びますよね。
田中:トミーがよく言ってる、先生たちが羨むような仕事をバンバンしていきたいってね笑
富谷:言ってましたっけ?笑
田中:この間言ってたじゃんかよ笑 ただね、それすごく正しい。そういうことを若手がすればするほど、ベテランもすごく刺激されます。あと、ギャラはね、正直いうけど。そんなに低くないよ笑 低かったら俺フリーでやってませんよ笑 夢はちゃんとあります。ただ、会社は給料制ですので、会社にずっと居て、会社の中での地位を上げて経営者になる人もいるし、腕次第では独立する人もいる。どうなるかは分からないし、どうしたいかも本人の考え方だよね。だからまあ、デザイナー=低所得者っていう考えはなしで、最初はどんな仕事も大変よってことです笑


shitsumon

ー田中先生は何十年とキャリアがあります。競争が激しいこの業界で今でもデザインをしてる理由は何だと思いますか。
田中:んー・・今も仕事をやらせてもらってる理由は「人」ですかね。僕の場合は会社に所属していなくて、フリーでやっているのが皆との違いだよね。自分はもう必要ないなと思って事務所をたたんで他の仕事に移ることも極論を言えばスグにできるんだよね。だけど、それが自分の幸せではないと思っている。自分の人生として「デザイン」を選んだので、それをとったら「俺」じゃないんですよ。人の繋がりだけでここまでやってきました。だから、続けられてる理由は究極的にいったら「人」です。そして、人生で言ったら「辞める訳がない。」って感じですか。そもそもそんな想いだったら職業として選んでない。ただ、ビジネスライクで言った時にポイントとなるのは「人」なんですよ。人との出会いは大事にしてるし、仕事も大事にすれば続いていくし、古い言葉だけど、継続するのってすごく大事なことだと僕は思ってますよ。

hokuito
(2017.02.26)

最新ブログ記事

2017年03月21日(火)
卒業おめでとう!
2017年03月08日(水)
「俺」=「デザイン」
2017年02月27日(月)
2016年度卒業制作展無事終了!!
2017年02月23日(木)
卒展前日最新情報!
2017年02月18日(土)
学生インタビュー Vol.2
2017年02月10日(金)
卒業制作展もう間も無く!!
2017年02月03日(金)
千葉デ授業に潜入!
2017年01月30日(月)
「2年のはじめに初めてヤバいって感じた」
2017年01月20日(金)
漫画授業見学!
2017年01月16日(月)
学生活動調査!

月別アーカイブ

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 平日学校見学
  • お問い合わせ
  • 一人暮らしをお考えの方へ、朝夕2食付きの学生会館

Page top