「2年のはじめに初めてヤバいって感じた」

POST-DATE:2017年1月30日

nomaki
こんにちは、学生課の野巻です。
新年が明け早いもので1ヵ月が経ちます。2年生は卒業まで残り2ヵ月となりました。企業プロジェクトや卒業制作、アルバイトに趣味にと大忙しの彼女達はとても充実した毎日を送ってると話します。
今回は2年生の仲良し3人に「学生時代に大変だったこと」をテーマにフリートークをしてもらいます。

b1
・薄井 知香   2年 コミックアートコース(左)
・加瀬 友香理  2年 総合デザインコース(中)
・市原 笑望   2年 総合デザインコース(右)
――――――――――――――――――――――

-大変だったこと。
加瀬「なんだろう、やっぱりグループワークかなー」
薄井「今回制作したチバフリ※は大変だったね」
市原「コース違ったもんね」
薄井「総合デザインとグループワークするの初めてだし、加瀬にいきなり誘われたっていうのもあるし・・・笑」
市原「加瀬が薄井を巻き込んだ笑」
加瀬「今回は課題とかでなくて、先生に直接声かけてもらって「やりたい人!」って感じで集まったから、薄井とも一緒にやりたくて思わず声かけちゃった笑」

b2

※チバフリ=チバリアフリー2017(車いすアートプロジェクトvol.1)
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた文化芸術活動を応援する千葉市の新たな取り組み。ファッションショーやダンスパフォーマンスを障害者も健常者も区別なく一緒になって表現する。東京2020公認文化オリンピアードとして、平成29年2月5日(日)イオンモール幕張新都心で開催。
今回の3人が中心となり、タイトルロゴから裏面の情報欄まで、デザインの全てを担当。
b3
(チバリアフリー2017公式サイト:http://www.city.chiba.jp/shimin/seikatsubunka/bunka/chibafree.html

-グループワークの難しさ。
加瀬「誰かがデータをまとめるけど、まとめるまでの行程、コミュニケーションの難しさ、同級生っていうのもあって言いづらいこともある。コースが違うってだけで、本当に難しかったし勉強になったと思う」
市原「今回はリーダーを立てていなかったから、加瀬がリーダーを自然とやってくれて、みんながそれについていくって感じだったね」
薄井「周りの人が役割をこなせなくても穏便に済ますというか、、言えないというか、言わないで自分でやるっていうか・・・笑」
加瀬「まぁ別にいいやって笑」
市原「私は逆に言わないと変わんないなって思う。今回も相当厳しいこと言ったし笑」
薄井「このままじゃグループの意味ないよねとか刺さった笑」
市原「そういう意味ではコミュニケーションというか全体の意思疎通みたいなものが取りにくかったっていうのは感じる」
薄井「私はグラフィックのことを中心に勉強してきた訳じゃなかったから、指示待ちって訳じゃないけど付いていくしかなかったところあるなぁ」
市原「アイコンとかめっちゃいい感じだったよー」
薄井「それは意外と作れるんだなって実感した笑」
加瀬「オリンピックっていう世界的なことの1つに関わらせてもらって、ここに名前のるじゃん。それに対して作業量の違いには少し腹立った。誰かがやんなきゃいけないのは分かるんだけどさ~」

b4

-2年間を振り返る。
市原「1年生のときもっとちゃんとしとけばよかった」
加瀬「ダラーっとしてたよね笑」
市原「作品も今と比べたら気合い入れてなかったし「とりあえず単位とれればいいか」みたいな時もあったなー」
薄井「コミックアートは1人で作業することが多いから自然と1人に慣れていったのはある笑」
加瀬「私とも去年の11月くらいにゼミで話したのが初めてだしね笑」
市原「最初、私と薄井が仲良くて、私と加瀬も2年になって仲良くって感じで」
加瀬「市原と話しててどっちつかずで来て」
薄井「コミュ力低いから最初は下向いてたり違う方をわざと見てたりとか笑」
市原「1年の方が絶対時間あったはずなのに、友達とかも含めて充実度で言ったら絶対今のほうが充実してる」
加瀬「忙しい今の方が遊んでるし、みんなと喋ってる。制作もしてるはずなのにね」

b5

-充実とは。
市原「1年の時はバイトしかしてなかったはずなのになー。誰とも遊んでなかったし」
薄井「興味がそこまで沸いてなかったのかな。自分がやる気になってやれば今みたいに時間を意識して制作するんだけど、最初はみんなデザインのことについてよく分からなかったっていうのがあったからかな」
加瀬「2年になると就活もやらなきゃいけないから、ポートフォリオを作らないといけないしね」
薄井「1年の頃の作品は人に見せられるものじゃない笑」
市原「単位の為だった作品が、社会に出す為の作品に変わって、人にどう見られるのかっていうのを意識してからちゃんとやんなきゃなって、今まで自分が作ってきたもので人に見せられるものは何もないなって自覚した時に本当にヤバいなって危機感のようなものを感じた。それが2年のはじめくらいだったかな」

b6

野巻「お疲れ様でした。最後に見てくれた方へメッセージもらえますか」
加瀬「今を楽しめよ!笑」
市原「自分もそうだったけど高校生くらいだと、やりたいこと決まってない人も多いじゃないですか。デザインがやりたいっていうか、イラストが好きとか、漫画が好きとか・・・。私も明確に何かがやりたくて入ったわけじゃなくて、入学してからグラフィックデザインを知って好きになったし、やりがいあるって感じた」
薄井「学校の特徴として色んなことに手が出せるじゃないですか。だから、そのお陰で自分の不得意な部分も得意な部分も分かったこと、自分が何が好きで何を仕事にしていきたいって分かったことが大きかったです」
市原「逆に1つのことを深くして追及していきたいって人には悪い言い方だけど向いてないってことも言えると思う。全体的にみて自分に何が向いているのか分からないって人は入学後に新しい何かが発見できると思います」
野巻「忙しいところありがとう。また色々と聞かせてください」

最新ブログ記事

2017年09月19日(火)
千葉の魅力発信①『そごう千葉店』
2017年09月11日(月)
「ヒラメキ★キラメキ★オドロキの秋」
2017年09月08日(金)
最新就職活動情報!!
2017年09月04日(月)
活動開始!!
2017年08月29日(火)
2017年の夏休みはいかがでしたか。
2017年07月27日(木)
特別セミナー~活躍する卒業生~
2017年07月18日(火)
アートな旅。~2017夏東京編~
2017年07月14日(金)
もうすぐ夏休み!!
2017年07月10日(月)
welcome party@千葉デ!
2017年06月28日(水)
絵描き必見イラストメイキング!!

月別アーカイブ

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 平日学校見学
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 一人暮らし安心サポート

Page top